揺れ日記

前震、震度7。本震、震度7。熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

防災のプロとは

数ヶ月の間に様々なことがあった。

大阪で地震、西日本の豪雨、度重なる台風、北海道で地震

まさに未曾有の災害だらけ。

被災し不自由な生活を強いられている人びとはどれだけいるのだろうか。

 

そんな中で私はまだ熊本に戻れないまままた新たな職場で新たな仕事に就き、慌ただしく過ごしている。

 

実はボランティアに参加しようと思っていたが、この夏の暑さで体の調子を酷く崩してしまい、結局行けずじまいだった。体調はまだ万全には戻っていない。

 

熊本地震の後の大変な日々の影響か、あれから体力が激減し、ちょっとしたことで寝込んだりするようになり、未だに本震の夢を見たりPTSDの状態が続いて鬱々としている。

 

だけど今後のことを考え、私は防災士の資格を取るために毎週末講習を受けている。

職場では防災士すら知らない人ばかりでぐったりしてしまったのだけど。

 

実際2回震度7に遭い、この経験を生かせないか、今の鬱々とした状態を見直すことのきっかけにならないか、そんな気持ちで挑んでいる。

 

著名な講師の先生たちでさえ熊本の地震を軽く見る言動が多く、悔しかったり悲しい気持ちになるのだけど、同じような思いを抱いて学んでいる同士のような人もいて、心強い。

 

防災のプロとは何だろう。

私はそうなれるだろうか、いまあちこちで災害が多発する中、少しでも一人でも意識を高めて回避できるよう指示ができるようになれるだろうか。