揺れ日記

熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

仕事決まれど住む場所がない 後編

さあ、地震から2年経って仕事が決まりやっと熊本に戻ることが…と思いきやまだまだ道のりは遠いのです。トホホ。

 

派遣だけども仕事が確定したので

部屋を探しに早起きして高速バスで熊本の不動産屋へ向かう。

問い合わせしていた部屋は決まってしまったとのこと。またかよ。

 

店内は新築物件のチラシがあちこちにベタベタ貼ってあるのだけども全て赤く「満員御礼」と記載されリボンが貼り付けてあった。

 

いま条件に合ってご案内出来るお部屋がですねー、ここしかありませんねー。

あとはまだ入居中で来月退去予定なんですよー。

 

ここしかありませんねー、の空き物件、場所は良かったので見に行くことにする。

 

エレベーター無しの4階。写真では良かったのだけども、行ってみるとびっくり。

全てが地震のあとそのままだった。

 

外壁も、コンクリートの階段も、あちこち亀裂が入り割れたままで階段を上る際に足を取られてグラリとなる。

 

部屋はドアが開きづらくなっており、壁に穴が開いていてたくさんの亀裂が入り、盛り上がっていて段差もついている。

トイレも風呂も真っ黒いカビだらけ。

別の空き部屋は窓ガラスが割れたままだった。

 

場所だけは良く、ベランダからの眺めと風通りはバッチリだった。けども

建物全体良く良く見ると基礎からズレている。

不動産屋は清掃はしますけど、補修は…どうかな…とうやむやな返事しかしない。

おそらく資金問題で解体も出来ず放置していて、住む人がいるなら住んでいいよーという物件と判断。

一瞬、私の住んでた部屋も、どこもこんなだったなと2年前が懐かしくなってしまったが、いくら清掃してもこの状態のままお金払って住むのは嫌だ。

 

またか、というよりまだまだ帰って住むにはダメなんだな。としか思えなかった。

追い討ちをかけるように入居時審査で派遣だとバイトと同じ扱いになるんで保証人、2親等以内で収入がある人が必要になりますねーと言われてしまうが私にはそんな人はいない。

 

ああ、やっぱりダメなんだな…しょうがないか。

 

諦めて辞退の連絡を入れるも、派遣会社のジジイに「もう取り消し出来ない、部屋が無いとか入居出来ないなんてそんなはずはない、あなたね交渉が下手くそだよ。役所とかに相談に行け」などと延々とクドクド怒鳴られ、

失礼過ぎる、もうやだ!!と爆発してしまった。

 

会社で保証人になるからとまで言われたけど、じゃあ2年後4年後更新時に仕事があるか分からないし、派遣だから3年で終わりだし契約切られたら出て行かなきゃならなくなる、その時、別の部屋が借りられずに住むとこ無くなる…なんて事になりうるのだ。

そこまで責任とってくれるのですか、と問うと流石に黙っていたけれども。

 

取り消し出来ないって言われても契約書もらってないし、部屋無かったらまた辞退せざるを得ないですよ、とか話はしていたのだから。

 

うーむやっぱり断って良かったのかもしれない…と思った矢先にまた熊本で震度4。

 

まだまだ、まだまだです。