揺れ日記

熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

便利さと住みやすさの狭間で

熊本にいた頃、わたしが今住んでいる転居先の街は便利で魅力的としか映らず、

その便利さは政令指定都市とはいえまだまだ田舎な部分が多い熊本には無いもので辟易していた。

 

福岡の天神というエリアは九州最大の繁華街らしく数々のファッションビルやら何やらとにかくいろいろある。

おまけに南北にダーンと地下街まであり雨にも濡れずあちこちへ移動が出来る。

転居後、通勤で足繁く通ったせいかやっとこの地下街にも慣れたころ、熊本にも系列店舗があるお店を見つけたので、立ち寄ってみた。

仕事でもOKで値段も手頃なシャツがあったので、買おうとレジに向かうも誰もいない。

呼びかけても無視、舌打ちしながらやっと来た店員は畳みもせずぐしゃりと雑に袋に入れ、一言「おばさんが来るんじゃねえよ」

買うのやめるかなと思ったけれど癪なので普通に買い、帰ってから気持ちを落ち着かせてサイトから苦情のメールを送った。

数日して申し訳ありませんでしたとか、ありきたりな一文のメールが届いただけだった。

シャツはゴワゴワして着づらく、ほとんど着てないし、この地下街は移動のために通るだけになってしまった。

 

遡ること冬に熊本に帰った際にこの系列のお店で、ものすごく本当にものすごく安くなってて、色も型も丁度良いコートを見つけたけれど今ひとつ自信が無くて店員さんに

「私みたいなのが買っていいかな、おばちゃんだし」みたいな事を言うと「そんな事ないですよ!おしゃれするのは年齢関係ないですし、これはスタンダードな型だから大丈夫」と熱く語られ、買ったコートは冬の間、私の身体を暖めてくれて通勤に役立った。

 

熊本を離れた事で実は穏やかで住みやすい街だった、というのに気づいたし

今住んでいる所はとても便利だし、仕事もたくさんあるけれど

どうも人が冷たく感じられたり、物騒な事も多く住みやすいかというと微妙かなと思うようになった。

 

実際住んで仕事をしてみたから分かったことで、だからといって今住んでいるこの地は嫌いではない。

でも、早く熊本に戻りたいし実際戻るだろう。

暮らすのはちょっと田舎かなと思うくらいが丁度いいのかもしれない。