揺れ日記

前震、震度7。本震、震度7。熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

戻りたいけど戻れない

あの頃は精神的にも肉体的にも限界で、とにかく熊本を離れないと…という考えしかなくて転居する事にしたのだけれど

本当にこれで良かったのかなという思いで毎日くよくよしている。

 

というのも、こちらで就業して(派遣だけども)2社目なのだけれど、双方とも仕事というより職場環境が何とも言えないくらいに悪い。

 

最初に働いた会社は初日から「教えても無駄」とか「自分でやるから」などと言われ放置されて2ヶ月ほどほとんど仕事が無い状況だったのを派遣会社に話して苦情申入したり色々頑張ったけれど

今度は説明無しで丸投げされたりして

状況は余り変わらなかった。

 

今働いている会社は時給こそ良いけれど

挨拶しても無視され(というより皆出勤時に挨拶無しで黙って入ってくるのに驚いた)喋る事を禁じられ、必要な場合はひそひそ声で、マウスのクリック音ですら睨まれるので、とにかく静かにしていなくてはならず苦行の毎日だ。

だから聞きたい事があっても聞けなくなってしまい、ストレスで下痢と嘔吐と胃痛と不正出血とで早くも体はガタガタである。

またこの会社も初日から仕事に関する事も何の説明も無くいきなり放置され(またここもか…)とがっくりしたのだった。

 

言っては何だが転居するまではどこの職場でも仕事バリバリ出来る人で評価されてたし、辞める時は何故か他部署や清掃や警備の人からも挨拶されたり花束を貰ったりというのもたくさんあった。

 

熊本では新しく入ってきた人を丸無視するような事は無かったので、これは県民性なのかなーと思うことにしたけれども、またここで他に仕事を探し、働き、生活するということにほとほと疲れてしまった。

働くことがずっと好きだったこの私が働きたく無いと思っている。危ない。

 

ここに住むのはもう限界で、すぐ熊本に戻りたくても賃貸契約は仕事が決まってないと出来ないし、保証人不要物件がほとんど無いに等しくて、この先どうしたらいいんだろうかと思ってしまう。

 

とにかく、今は地震から溜め込んだ様々な疲れが酷くて何もかも放り出してしまいたいし、いろんな事を考えたくないと思っているけれど、私がこんな風になるのは赤信号なのかもしれない。

また死にたい感情が復活してきつつあるのか道路にふらりと飛び出してしまいそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

今まで私や周りが実践してきた事が突き返されるような