揺れ日記

熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

死ぬことと生かされること

先ほど、大分を震源とする震度5強の地震が起きた。

不気味な長い揺れでそれは前震を思い出させ、怖くて仕方なかった。

幸いにも揺れは収まったが「前震の夜みたいに強くなったらどうしよう」と震えが止まらない。

今夜もまた明かりを点けて寝るしかない。寝るとき枕元にはスリッパを置くのが常となっている。

 

 

本震の、強烈な揺れとマンションが崩れそうな聞いたことない嫌な音を立てている最中、死はすぐそこにあった。

このまま揺れが強くなったら崩れるし、下敷きになって誰にも見つけられず死ぬんだな、まあいいや、でも、

痛いかな、あっという間に死ぬんかな。

そんな事も考えていた。

どうにかマンションは持ちこたえて

下敷きにならずには済んだけれど

翌朝避難所から部屋に戻って思ったのが

もし寝ていたら、倒れた家具で確実に下敷きになってて、大怪我か

いや、身動き出来なくて誰にも見つけられなくて死んでたかも…だった。

 

ギリギリのところで死なずに済んでいる。

 

 

 

あまり死に対して恐怖が無いのは

虐待やネグレクト的な家庭で、もう生きるのが辛くて子供ながらに自殺未遂をやってしまった事や、

20代半ばにして癌になり、死、が隣にあったからかもしれない。

 

手術を勧められたけれど、術後障害が残ってしまう確率が高く、さらに両親から障害残るなら生きててもしょんなかし、死亡保険金欲しかけん手術せんで死んでくれ(障害残るなら生きてても仕方ないし、死亡保険金が欲しいから手術しないで死んで欲しい)

と言われたのもあり、この人たちといいかげんもうこの辺で終わりにしたい…と思い主治医に

「手術受けなかったらどのくらい持ちますか?」と尋ねた。

当時、熊本には専門の医師がおらず、でも県外の病院で診察する気力も無く、何とか引き受けてくれた専門外の主治医は当然手術受けるんだろうと思っていたらしく、びっくりしながらも

「今は断定出来ないけど30歳までは生きられないと思って下さい」

 

そうか…あと数年はいけるのか…じゃあこのままでいいかな…

と死を決めたのに、未だに生きている。

 

それは手術したからで、何故そうなったかというと

癌が見つかったあとに仕事で知り合った、ある人にその旨を知らせると後日、長い長いメールが届いた。

癌の種類、傷跡や予後、術後の障害の確率や症例の多い病院まで隅々と調べ上げていた。

いろんなサイトや本で調べないとここまでは出来ない。

大丈夫だから、手術受けて生きなさい、とも書かれていた。

 

後にも先にも、付き合った人たちですら、ここまで調べ上げてくれた人はいない。

 

その人とは術後疎遠になって連絡しないまま今に至っているけれど、あの時のメールが無かったら手術しなかっただろう。

手術前夜、癌が残っててもいいから絶対に障害が残らないようにして欲しい。途中で閉じても構わないからと主治医に話し承諾書にその旨を追加として書いた。

おかげで障害は残らず、体調の不自由さや大変なことはあるけれどまだ生きている。

ギリギリのところで。