読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揺れ日記

熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。※地震による精神的ダメージにつきしばらく更新ストップします

まだまだな感じ

ニュースで地震の際に滑り落ちた岩、オークション落札され粉砕。という記事を見た。

 

これだけでは真意が伝わらないけれども

詳しい事情はというと、地震の際に道に落ちてきた巨岩があり、道を塞いでしまった。

これでは困る、どうにかしてほしいと行政に頼んだが何もしてもらえない。

支援団体の人のアイディアで(処理の費用を捻出するためと思う)オークションに出したのだったが、落札したのは同じ熊本の業者で、処理の費用も落札した業者が負担しているのだ。

 

処理までに1年かかって、やっと肩の荷がおりた…というニュースだったのだ。

 

行政、ノータッチ。

私だって一切支援が無くて、食料から何から、熊本の住まいも見つからず転居先探しも費用も今まで自腹で全てやってきた。

この地震で感じたが、説明が不十分すぎたり、たらい回しばかりだったりうやむやにされたりして、はっきり言って行政は頼りにならない。

市長に直に言いたかったし、正直、払った税金返せとも思ったことだって何度もある。

 

私だけじゃなくて、自分たちでやらねばならないのがあまりにも多くて、行政に対するイライラもたくさん見てきた。

 

先月、熊本に帰った際に以前の通勤路だった

裏道的な道路を通った。

裏道とはいえ細いけどバンバン車も人もチャリも通る地域の大事な幹線道路だ。

 

だけど。

「とりあえず割れたとこだけ修理しました」

といった状態で道はガタガタしている。

幹線道路はきれいに舗装されているが

一歩入ると通学路で子供達が使う道でも

穴が開いたままやデコボコしたままの道もある。

 

熊本にいるときにこれでは子供達や高齢者とか普段でも歩くのに不自由な人がつまずいて怪我してしまうこともあるかも…と県や市に電話したこともあったが

「箇所がたくさんありすぎて対応出来ない」と言われた。あと、たらい回し。

まあ分からないでもないけれども、話聞くくらいはできたんじゃないかなあとも思った。

 

まだまだな感じが多い。

帰った時に「観光客とか外から見えるとこだけ、きれいにしてるし集まったお金もそういうとこにしかいかないんだろうね」って話も出た。

復興って何なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする