揺れ日記

熊本地震で被災。行政からも何の支援も無く一人で自費で県外避難転居しました。

迷いながら生きる

転居してしばらくの間は、報道がすぐにされなくなりだしたのもあって、被害の大きさや深刻さを一人でも多く理解してほしくて転居先やツイッターでも話したりしていた。

 

転居先は熊本から100キロほどしか離れていない隣県だし、私のように避難転居した人も多いのに、みな驚くほど無知で、私たちの気持ちも考えずに

「転居するくらい酷かったの?」とか

「どうせ人ごとだから」と平気で言う。

ぶん殴りたくなるのを何度こらえたか分からないくらいだ。

 

転居先の暮らしは便利だけれども、

そういうので息が詰まりそうになるから割と頻繁に日帰りで熊本に帰っている。

少し前に熊本に帰った際に、昔勤めていた職場のメンバーが集まり昼ごはんを食べる事になった。

 

そのうちの一人は現在、やっと決まったみなし仮設に住んでいる。

そうかあ、ひとまずは住むとこ決まって良かったけど(退去まで)あと1年半くらい?

なかなか落ち着かんですね…と言うと

「そうなのよー、まだまだよね」などと話した。

私も転居先で理解が無く、無神経な言動が多くて嫌な思いをしていることを話すと、えっ、隣県でと、びっくりしていた。

 

転居先では「みなし仮設って何?」

と聞かれるので仮設住宅との違いやシステムから話さなくてはならず、非常に骨が折れる。

しかも一人だけではなく、職場でもあちこちで何人にも同じ説明をしなくてはならなかった。

職場での飲み会では上司から地震の事でプライベートな内容にまで及ぶ事をしつこく聞かれて辟易してしまった。

 

上司なのでなかなか話したくないと断わるのが難しい。

その後も違う上司がしつこく聞いてきたり、自分一人だけ転居してきていいのか、とか余計なお世話だと思うことを言ってきたりする上司もいる。

 

話しているとあの時の恐怖や辛さが蘇ってきて

必ずパニックに陥るし、夢に見てうなされてしまう。

なので、これからは聞かれても話さない事を決めたが、今まで相当無理していたのだということにも気づいた。

 

死ぬことばかり考えてしまうようになったのは

転居先でのこれからの住まいが見つからないのと、こういった無知な人たちが引き起こす無知な言動が原因である。

ツイッターでも、嫌だなと感じる時があり、今は時々メッセージの確認をするだけで基本放置している。

 

 

熊本でも温度差があって、被害の大きさが分からない人もいる。

けども、ほとんどが恐怖や不自由さを経験しているからいちいち話さなくても分かる。

ここが転居先と大きく違うところで、

例えば「私ね、頭が全部白髪になったとよ〜」

と話すと「あぁ、私も白髪とシミやらシワの増えたよ、たいぎゃ老けた」

「そうそう、わたしも。顔洗えんかったし、それどころじゃ無かったもんね〜」とこんな感じで多くを話さなくても分かりあえるのが楽だった。

もしもまた地震あったら次は頑張らんですぐ言わなんよ!と普通に言い合えるのが嬉しかった。

 

この気づきがあって、転居先に戻る時に「転居先での住まいも見つからなかったし、精神的な面から熊本に帰ったほうがいいのかな」と考えてしまった。

 

だけども、私の置かれた事情を思うと

すんなり熊本に帰ることは難しい。

今はまだ転居先での仕事があるのですぐにはといかないし、熊本での仕事が決まらないと住まいも契約出来ない。

 

これからどちらに住むか、焦らずしばらく迷ってみよう。

流れに逆らわず、自然に任せよう、と小さな決意をした。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする